どんな作業服を選ぶ?

作業着のズボンの通気性を確保した品質の高い商品にはどのようなものがあるのでしょうか。ワーカーの健康面を気遣うのであれば、必ず気にしたい作業着の通気性。こちらに焦点を絞って、より品質の高いものを探していくのがよりよい現場を作る第一歩です。

仕事中株式会社バートルがリリースした「7091」シリーズは快適なカジュアルウェアとして知られています。通気性が優れているため、汗でべたつきにくいです。その秘密は厳選された素材にあります。日本製のドビークロス接触清涼素材を使っているため、夏の暑さにもしっかりと対応します。また、それ以外にも現場に対応した様々な仕掛けが施されているため、ハードな現場に従事する作業者の強い味方となってくれるようです。快適でクールなカジュアルウェアを探しているのであれば、このような商品を探すのが間違い無いでしょう。

清涼素材にこだわった株式会社バートルの作業ズボンは通気性に優れているため、多くのユーザーから支持を得ているようです。汗がベタつかない快適な環境を目指すには快適なワーキングウェアの存在が必要不可欠であるため、このような商品が重宝されるのでしょう。夏の現場においては、通気性の高い作業ズボンが欠かせません。

●推奨LINKバートル作業服のズボン|ユニフォームタウン

Posted on

なぜ通気性が大切か

作業着の世界において、ズボンの通気性は非常に大きな問題として取り扱われています。現場仕事の大敵である湿度と温度、それに伴ってズボンの通気性が重要だと言われています。作業着のズボンの通気性について今回は調べていきましょう。

長ズボンなぜ、作業着のズボンの通気性が重要視されるのか、それにはいくつかの問題が重なっています。作業着においては、多くの場合長ズボンを着用することが多いです。それは、素肌を見せることで怪我のリスクが高まるため、それを予防するためでもあります。しかし、このように肌の露出を隠した衣服ですと、湿度や熱が服の中にこもって熱中症の原因となったりします。それを防ぐためにもズボンの通気性は重要になるのです。汗をかくことによるベタつきは不快に感じる人も多いため、作業中の集中力を乱す原因にもなります。健康面でもクオリティの面でもズボンの通気性は確保しておくべきなのです。

業着のズボンの通気性はワーカーにおいて繊細であり大切な問題です。そのため、作業服の購入を考えている人はここに注目して選ぶのがよいでしょう。大げさかもしれませんが、ワーカーの健康と、その技術を守る存在。それが作業着のズボンの通気性と呼べるのかもしれません。

Posted on

作業服の通気性とは

作業中今や現場仕事の常識ともなった熱中症対策。多くの企業がその対策を取っています。水分や塩分を補給したり、こまめな休憩を取ったりすることがその一例です。しかし、作業服の構造を考えて熱中症予防につなげるという発想はあまり浸透していないようにも感じます。作業服のズボンの通気性はどのように確保するべきなのでしょうか。

そもそも、作業服は怪我などの対策のため素肌が見えない長ズボンを採用しているところが多いです。しかし、その分熱や湿度が服の中に溜まっていき、結果熱中症を引き起こす原因にもなりかねないのです。熱中症にならなくても、過酷な職場環境は従業員のパフォーマンスを極端に落とすことになります。そのような事態を避けるためにも通気性の良い作業服のズボンは重要になってくるのです。作業服のズボンの通気性を考えるのであれば、その素材に注目すべきです。接触清涼素材と呼ばれる素材を使用していたり、その商品の説明に通気性の高さを挙げていたりするものなどを積極的に選んでいくことで、作業服のズボンの通気性問題を解消することにも繋がるでしょう。

夏の暑さは現場仕事において大きな敵になります。汗や熱で倒れてしまわないためにも、作業服のズボンの通気性に対してはシリアスに取り組むべき問題なのです。つまり、作業服のズボンの通気性は作業服を選ぶ上で最も重要なポイントの1つだと言えます。このような重要なテーマで記事を書かせていただいて感謝します。皆様の役に立てる記事になりましたので、お付き合いください。

Posted on